読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KK U-Blog

UXやHCD、スイーツ、たい焼き、街の気になったものを綴るブログ

HCD-Netユーザビリティ評価第7回「アドバンスド・ユーザビリティテスト」

f:id:koichi_k:20140927100712j:plain
今日はユーザビリティ評価セミナー第7回を見学枠で参加してきました。

f:id:koichi_k:20140927102402j:plain
1つ目の演習はInterview basedスタイルでオープンなタスク設計。

f:id:koichi_k:20140927105926j:plain
対象製品(アプリやサイト)を決め、対象ユーザーを2名リクルート

f:id:koichi_k:20140927111401j:plain
通常のユーザビリティテストは固定のタスクを実施してもらいますが
Interview basedスタイルではインタビューしながら身近で起きた体験や
それに似た体験をタスクとして設計し再現してもらいます。

f:id:koichi_k:20140927110133j:plain
自分の体験したリアルなタスクなので、リアルな結果が出てきます。
実際にやった被験者の感想もそのときの感情が起きやすいとのこと。

f:id:koichi_k:20140927120251j:plain
お昼休憩。会場の裏にあるお店の前にヤギのいる桜丘カフェへ。

f:id:koichi_k:20140927130909j:plain
午後からは質問紙法の演習。まずはSUS。
10問の質問に答えるてもらうだけでSUSスコアが算出できます。

f:id:koichi_k:20140927131841j:plain
ただ欠点は翻訳は色々されていますが、公式日本語版がないこと。

f:id:koichi_k:20140927132437j:plain
続いてWUS。
これは純国産でWebサイトのユーザビリティを評価するために開発されたスケール。

f:id:koichi_k:20140927142901j:plain
地方自治体のスマホサイトをこのSUSとWUSを使って定量的に評価します。
タスクを3つほど設計し、入力・計算用のフォームを作って
1度に4人同時に実施出来るようにセッティングします。
いつのまにかリーダーみたいになっていました…。

f:id:koichi_k:20140927143643j:plain
4名同時進行で監督を2名付けて、スムーズに進むように。
被験者にはタスクを実行してもらい、その後SUSとWUSに記入してもらいました

f:id:koichi_k:20140927161741j:plain
他のチームも含めての結果です。
自分も被験者として実施しましたが、SUSの直訳の日本語は答えにくいですね…
品質保証の人間として既に確立されている定量的な手法を体験出来たのは大きかったな。

f:id:koichi_k:20140927154716j:plain
最後の演習はウォークスルービデオ。
ここは第1〜5回の結果を使うので見学者は本当に見学。
質問紙法のリーダーで疲れきっていたので、ちょうど良かったw

f:id:koichi_k:20140927165024j:plain
ユーザビリティテストで出た問題点をシナリオにし再現します。

f:id:koichi_k:20140927163035j:plain
仕様が変わり過ぎててチームメンバーも焦るw

f:id:koichi_k:20140927165226j:plain
カット!うまく撮影出来たかな。

f:id:koichi_k:20140927171205j:plain
最後に出来上がった動画を上映。

f:id:koichi_k:20140927172027j:plain
最終回のため全回出席者には修了証の授与。

f:id:koichi_k:20140927212543j:plain
懇親会はいつものげんてんで盛大に!

f:id:koichi_k:20140927213055j:plain
お疲れ様でした。

f:id:koichi_k:20140927215305j:plain
2次会も10数人と大人数!楽しかったです。

■関連情報
 浅野先生のブログ:2014年度 HCD-Net教育セミナー「ユーザービリティ評価(全7回)」#07 アドバンスユーザビリティテスト

■HCD-Net2014年度ユーザビリティ評価アーカイブ
 05月31日:第1回ユーザビリティ評価概論とインタビューWS
 08月23日:第6回モバイルの設計と評価
 09月27日:第7回アドバンスド・ユーザビリティテスト