KK U-Blog

UXやHCD、スイーツ、たい焼き、街の気になったものを綴るブログ

WCAN 2013 Autumn再演

f:id:koichi_k:20131104135643j:plain
今日はいつもセミナーでご一緒する勅使さんと福井さんが登壇した
WCAN 2013 Autumnの再演版がベースキャンプ名古屋であったので聞きに行ってきました。

f:id:koichi_k:20131104143529j:plain
まずは福井さんから

f:id:koichi_k:20131104144043j:plain
「そのサイト、誰のためのサイトですか?ロジカルでエモーショナルな、IAのお仕事」というタイトルで
主に愛トラッキングを使ったユーザテストの話がメインでした。

f:id:koichi_k:20131104145238j:plain
福井さんの会社でのIAのお仕事は利用者、状況、前提条件を調べてデザイナーに渡す。
この意識合わせの手間を惜しまないことが重要だそうです。

f:id:koichi_k:20131104145503j:plain
感動を呼ぶWebサイトつくりにはそこが大切なんだな。製品も同じだな。

f:id:koichi_k:20131104154154j:plain
続いて勅使さん。

f:id:koichi_k:20131104151054j:plain
タイトルは「お客様と仕事を育てるプロデュース力」

f:id:koichi_k:20131104152920j:plain
へ~ユーザー体験の設計をちゃんとしてるんだ。

f:id:koichi_k:20131104153203j:plain
お二人に共通していたのは制作者の「思い込み」でWebを作らないこと

f:id:koichi_k:20131104153901j:plain
大同特殊鋼さんのハンドボールチームのサイトリニューアル時の事例です。

f:id:koichi_k:20131104154057j:plain
「応援に行きたくなる」などサイトを見ている人に
どんなユーザー体験をして欲しいかが明確になっているんだなと感じました。
お2人の話ともWebの話ですが、モノづくりにも通じるところはあって
聞きに来てよかったなと思いました。